多汗症の原因と解決方法

どんなことがきっかけで多汗症が発生するの?その原因と解決方法について! - 多汗症の原因と解決方法

新着情報

◆2016/04/08
多汗症の原因と解決方法の情報を更新しました。
◆2016/04/08
更年期障害が原因となって起こることもあるの情報を更新しました。
◆2016/04/08
生活習慣の乱れで起こることもあるの情報を更新しました。
◆2016/04/04
当サイト運営者情報を新規投稿しました。
◆2016/04/04
局所性多汗症とはの情報を更新しました。

多汗症の原因と解決方法

暑いわけでもないにもかかわらず、うんどうしていないにもかかわらず、大量の汗をかくというのが多汗症の主な症状です。実際には原因が不明な場合がほとんどなわけですが、多くの場合は精神的なストレスによって交感神経が活発になり、大量の汗をかくわけです。実際のところは原因が1つというわけでもないでしょう。ここでは多汗症の原因となるものとその解決方法について紹介していきます。

交感神経の活発化によって発症することがある

多汗症は交感神経が活発化することによって引き起こされることがあります。人前に出て緊張している時や、失敗してはいけないと不安を覚える時に大量の汗をかきます。しかし、実際のところはリラックス状態にいた時であっても大量の汗をかいたり、目覚めた時に大量の汗をかき始めることもあります。
こういう場合というのは精神的に緊張をしたり不安を覚えたから大量の汗をかくというのが一般的でしたが、実際は緊張をしたり不安を覚えた時に交感神経が活発化するために、大量の汗をかくというのが正しい考え方です。多汗症は必ずしも精神的ストレスが原因で発症するわけではなく、あくまで交感神経が敏感になったから発症するのです。
交感神経が活発化して多汗症が引き起こされるのであれば、交感神経の働きを抑えることが重要になります。交感神経の働きによって汗腺が活発化されるので、汗腺に何らかのアプローチをするのが治療法としてあります。精神的に心配事があるのであれば、同時に心理療法を受けることも効果的です。

他の疾患が原因で発症することがある

代謝異常や内分泌異常、甲状腺疾患、糖尿病などの疾患を持っていると、全身に大量の汗をかくことがあります。こういう病気が原因で多汗症になる場合には、局所性多汗症になることは稀で、多くの場合は全身性多汗症になります。全身的多汗症の場合は多汗症の治療をするよりは別の病気が原因ではないのかという風に疑ったほうがいいこともあります。

ホルモンバランスの乱れによって発症することもある

多汗症の原因としてホルモンバランスが乱れることで交感神経のバランスも乱れて、それにより大量に汗をかくということが見られます。ホルモンのバランスは脳の視床下部でコントロールされるのですが、ここは交感神経も同時にコントロールされていますので、どうしても影響が出てくるのです。特に更年期障害の時にはホルモンバランスが乱れやすいので、十分に注意したいです。

遺伝が原因の場合もある

loiikf
多汗症の直接的な原因というわけではありませんが、遺伝の影響を無視することはできません。両親ともに多汗症の場合は多くの割合で子も多汗症になり、片親が多汗症の場合でも多汗症の可能性は高くなります。遺伝が原因の場合は乳幼児の時にすでに発症していることがあります。

生活習慣の乱れが原因で発症することがある

多汗症の人は一般的に生活習慣が乱れている人が多いです。特に肥満の人は多汗症が多いという風に言われていますので、きちんとした生活を行うことで多汗症の症状を抑えることにもつながってきます。食事や運動、生活習慣を整えることから始めましょう。

多汗症の原因はさまざまある

以上見てきたように多汗症の原因になることはさまざまありますので、自己判断で解決できないのならば、一度医療機関を受診して診察を受けるのもいいのではないでしょうか。多汗症はきちんと治療をすることで改善が図れますのでそれほど心配しないでください。
多汗症派病院で治療できます

Copyright(C)2016 多汗症の原因と解決方法 All Rights Reserved.